まだ若い?今から始める自分年金の作り方

公的年金だけを頼りにしていては老後がとてもではないが不安だと感じるようになった昨今、多くの方が資産運用を検討しており、それらを老後の資金に充てたいと考えていると言われています。
ただやみくもに資産運用と言っても、金融商品はとても多く、これから資産運用を始めたいと考えている人にとっては何を投資対象としてよいかも分からない方も多いはずです。
そこで今回は老後資産に充てる自分年金や自分年金の始め方について考えてみたいと思います。
因みに自分年金とは私たちが想像するような年金ではなく、預金をはじめ株式や投資信託、保険といったものを自分の老後の費用に充てるため、自身で老後に使用出来るお金を準備する事を言います。

大学などを卒業後に途中退職することなく働き、定年退職を迎えたとしても、年金を受け取って今の生活を崩すことなく暮らしていくには、医療費なども考慮すると5000万円以上は必要だと言われています。
しかし、現時点で20代、30代の方にとっては老後は今から30年、40年先の話であり、あまりピンと来ない人も多いでしょう。
しかし、手元にあるお金は少しでも増えた事に越したことはありません。
年齢が若いほど、老後までの時間がたっぷりとある事から、リスクの少ないコツコツと利益を得る事が出来る投資に資産運用を行う事をお勧め致します。

自分年金を始めるためには、先ず自分がどの程度の年金をもらえるかを知る事から始まります。
おおよその月額当たりいくらか?という目安が分かれば、自分にはどの程度の資金を準備しておく必要があるかが分かってきますので、現時点の年齢を考えて退職後に毎月必要な生活費を逆算する事で自然と資産運用をするにはどの金融商品をすればよいかが見えてきます。

とある統計では老後にゆとりある生活を送るには夫婦二人で毎月約40万円弱が必要と言われていますが、公的年金だけでは毎月20万円弱のマイナスが出てくる事となります。
保険などで年金を作るのも良いでしょうし、投資信託や株など様々な金融商品が現在では販売されていますので、先ずはどんな金融商品があり、どれだけの資金を作る必要があるかを知る事からスタートさせていきましょう。

This entry was posted in 資産運用. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>