先物取引では限月でポジションが強制決済されるので注意

FX取引では買いや売りのポジションを取った場合、その決済をしないと自動的に決済が繰り越されることになります。
このポジションを持ったままでの決済の繰り越しをFX取引ではロールオーバーといいます。

FX取引ではこのロールオーバーはいつまでも続けられ期限がありません。
しかし先物取引ではあらかじめ決済の期日が予約されています。
この期日までに決済しなかった場合、強制的に決済がなされるシステムになっています。

このシステムのことを限月制度といいます。
日経225先物はこの限月制度を採用しています。
日経225先物の場合、3月、6月、9月、12月のそれぞれ第2金曜日と決められています。
顧客の投資家はあらかじめこの限月を予約してから取引をしなくてはなりません。

しかし実際には相場の流れから言って決済をしたくないと言うケースも存在します。
こうした場合、限月の期日が来る前に一度そのポジションを決済してしまい、新たに新しい限月を予約すればポジションの乗り換えが可能になり事実上、長期的にそのポジションを持っているのと同じ効果が得られます。

日経225先物などの先物取引ではこの一度決済してから同時に新しい限月のポジションを取るやりかたをロールオーバーと言うそうです。ここがFX取引と先物取引の違いです。

This entry was posted in 資産運用. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>