金融取引では相場変動への対処の仕方が重要

投資として金融取引を行う場合は、その取引対象の価格の変動、つまり相場に山をはることも大切かも知れません。
投資として、あるいは資産運用として金融取引を行う場合、そこから収益を上げる方法として二つのやり方があります。
それはインカムゲインとキャピタルゲインです。

インカムゲインと言うのは元本を預けることでそこから利息や配当などを受けるような金融の取引です。
この場合元本になるお金が何らかの収益を生み出しその中から利息や配当を受け取るということになります。
もう一つのキャピタルゲインと言うのは取引する金融商品の相場の変動を利用して買った額と売った額の差から利益を得るものです。

株式を保有し配当を受けることを目的とする金融取引ならインカムゲインです。
株式の売買取引の時点での相場の差で利益を出すのが目的ならキャピタルゲインです。

FX取引のような差金決済取引もキャピタルゲインです。
どちらの場合でも相場の動向を予想するということは大切ですが、相場差を利用して利益を出そうとする後者の金融取引の方が、やはり相場の予測がより重要となるでしょう。

しかし金融取引の場合「相場と言うものは予測できないものだ」という専門家もいます。
「相場を読むよりも相場変動があったときにどのように対処するかが金融取引ではより重要だ」という専門家もいます。

This entry was posted in 資産運用. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>