投資家の戦略作りでは物価上昇率に注目することが大切

資産運用の戦略を考える場合、投資家が物価の動向に注意することは大切です。
物価の上昇が起こっている場合、それは資産の実質的な目減りを意味しています。

資産を貨幣的な資産に限って言えばインフレで物価が上昇している時にはその購買力が年々減少していることになり実質的にその資産は目減りしているということになります。
通常、流動的な資産は金融資産として運用されます。
その金融資産の利回りより物価の上昇率が高ければ、それは実質的な資産の減少です。
このため投資家はより高い利回りを求めて戦略的に資産運用します。

不動産でも同様です。
それが手持ちの不動産にしろ投資用の物件にしろ、その物件の純収益率が物価上昇率より低ければその不動産の資産価値は実質的に目減りします。
店舗で言うなら十分な収益率が無い場合その売買価格は低下するでしょう。

一般に物価は経済が成長している時に高くなる傾向があります。
このため経済が成長している国ではインフレ対策で政策金利を高めに設定し金利を高めに誘導します。

日本をはじめとする先進国は人口減少、あるいは人口増加が伸び悩んでいるため内需喚起のために低金利政策が採られます。
そこで先進国の投資家は資産運用の戦略を考える上で経済が成長し物価上昇率が高く金利の高い国の通貨や金融商品に注目し、これで資産を運用し高利回りを得ようとします。

This entry was posted in 資産運用. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>